美肌を守るために、紫外線カット用パウダーをお薦めです。

美肌を守るために、紫外線カット用パウダーをお薦めです。

美肌を守るために、紫外線カット用パウダーをお薦めです。

 

美肌を守るために、女性は日焼け止めクリームをお化粧する前などにも行います。SPFとPAの違いを知ることは大切です。SPFとは、太陽の光を浴びる時間の目安といたらよいのです。紫外線を浴びた際に、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものとなります。数値単位は、時間で20~25分となります。例えばSPFの場合でしたら、20分×20=6時間40分となりますから、6時間40分までは、抑制されるという事になります。

 

SPFが高いと日焼け止め効果も高いとは言えますが、肌への負担もその分負担はあります。お肌が弱い方やアトピーの方など、数値が少ない方がお肌への刺激も少なくなりますから、数値の低い日焼け止めをお薦めします。近くへの買物に行くくらいなら、SPF15~20を、海や山そして長時間の外出など、紫外線を直接浴びる場所ならSPF30以上をおすすめします。

 

また日焼け止めにPAの表示は、お肌を紫外線A派から防御して、お肌が黒くなるのを防ぐという意味です。日差しの強さを気にする時は、PA値で選ぶ事が大事となります。PA値は、使用する場面に合わせて使い分けするようにする事がよいのです。日差しの照りつける場所に行く場合は、PA値の高い日焼け止めを使うことをおすすめします。

 

美肌を守るため、女性はとても日焼けが気になるものですが、SPFやPA値の高いものにするより、こまめに塗りなおした方が効果は保てるのです。夏など高めのPAFを選ぶ傾向となりますが、その分お肌への刺激はあるのです。

 

現在お使いの化粧品などから、紫外線カット用パウダーをお選び使うことも日焼け止めをする1つの方法です。塗りなおしなどできない場合などには、数値が低い日焼け止めを塗ったあとに、紫外線カット用のパウダーを使うこともお薦めします。